愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。 愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。

Voiceお客様の声

安心して母を見送ることができました

【苦労多き人生を歩んだ母でした】

母が戦争で伴侶を失ったのは、25歳のときでした。それからというもの、母は朝から晩まで農作業に汗を流して、女手一つで私たち二人の姉弟を育ててくれました。今のように便利な機械などない時代ですから、牛を使って土を耕していた姿が心に残っています。
元々真面目な性格でしたが、家族を守らなければという責任感にも似た思いが母を突き動かしていたのでしょう。男性顔負けに働いてくれて…。

その努力のお蔭で、私たちの平穏な日常はありました。在りし日を振り返れば、母の行動の端々から、私たち家族への愛情が感じられました。

 

【葬儀への不安を取り除いていただきました】

101歳で母はこの世を去りました。

コロナ禍ということもあり、今回は家族だけで見送ろうと決めました。家族葬で、しかも私自身が葬儀を取り仕切るのは始めてなのもあり、正直わからないことだらけでした。葬儀をつつがなく執り行い、きちんと母を見送ることができるだろうかという不安でいっぱいでした。
しかし、葬儀の打ち合わせや当日中、担当の小林さんが丁寧にサポートしてくださり、無事に見送ることができました。

訃報を聞きつけた友人の方もご弔問くださり、急遽、食事や席が追加となりましたが、迅速に対応してくださいました。最後には、自宅の中陰段も綺麗に飾っていただき、法要の予約までできたので、終始安心して過ごすことができました。

 

【母らしい見送りができました】

母が生前、畑で育てた野菜を近所の方にお裾分けしていたことを受けて、担当の小林さんが会館に小さな畑を作ってくださいました。

彼の地でも野菜作りができるように種もお供えしてくださり、胸が熱くなりました。きっと母も喜んでくれていると思います。母の好物である〈いちじく〉もお供えし、柩の中に入れることもできました。

また、長年大事にしていた御朱印帳も、まるで母を囲うように柩へ入れてくださいました。好きなものに囲まれて、安心して旅立てたのではと思っております。
私たち家族も母らしい見送りができたと、胸をなで下ろしました。

 

【よくしていただき、大変満足でした】

〈葬儀〉というと形式張ったイメージがあったのですが、今回のように柔軟で、その人らしい見送りができるのだと、大変驚きました。また、スタッフの皆様には丁寧かつ迅速な対応をしていただき、当初にあった不安を取り除いていただきました。葬儀を終えてからも、家族で「いい葬儀だった」「よくしてもらった」と話しております。

苦も楽も経験し、一世紀という人生を歩んだ母に相応しい最後だったと感謝しています。

文十鳳凰殿 平安会館の方々やご担当の小林様、皆様に心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。