岡崎・豊田・安城・碧南の葬儀会館 家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝いいたします。 岡崎・豊田・安城・碧南の葬儀会館 家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝いいたします。

Knowledgeお役立ち情報

岡崎市における葬儀一日葬の流れとは?

近年、高齢社会かつ核家族化が進んでおり一般葬よりも小規模葬である、家族葬や一日葬のニーズが高まっています。さらに、新型コロナウイルスの影響により、感染拡大防止リスクを踏まえて岡崎市内でも一日葬を選択されるケースが多く見られるようになってきました。

今回は、そんな一日葬についてどのような流れで行い、どんなメリットデメリットがあるのか?など詳しくご紹介させていただきます。葬儀をご検討中の方々にとって少しでも参考なれば幸いです。

一日葬とは?

一日葬とは、本来2日間かけて行われる儀式を、葬儀の前夜に行う通夜式を行わず、告別式から火葬までを1日で執り行う葬儀形態です。そのため、時間・葬儀にかかる費用や参列者の対応などの負担を軽減することができます。ご高齢の遺族、遠方からの会葬者にとっても、負担を軽くすることができると注目を浴びています。

岡崎市における一日葬の流れとは?

一日葬では、臨終を迎えたのちに「故人様の搬送」⇒「葬儀の打ち合わせ」⇒「納棺・告別式・出棺」⇒「火葬・お骨上げ」の順となります。通夜式がなくなり、それ以外は通常の葬儀と同じ流れです。下記にて、詳しく説明いたします。

1.臨終後にすべきことは?

逝去後は葬儀社に連絡を入れ、故人様を搬送します。法律により、亡くなってから24時間を過ぎないと火葬を行うことはできません。また、病院の霊安室では長時間の安置をすることはできません。故人様を、ご自宅や葬儀社の安置室などに搬送し、ご安置します。

お迎え後、葬儀社のスタッフと打ち合わせを行います。葬儀を執り行う会場や、葬儀にかかる費用、喪主、遺影に使う写真、棺に入れる遺品など葬儀の内容に関することを確認します。葬儀の見積書についてなど、ご不明な点は何度でもご相談ください。

⇒岡崎市の葬儀の見積もりについてはこちら

さらに一日葬について菩提寺への許可取り、親族・参列者への連絡の仕方などは、今後のトラブルの原因になってしまう可能性があるので、しっかりとご家族や葬儀社のスタッフと相談することをおすすめします。

2.死亡診断書・死亡届けの提出

死亡の事実を知った日から7日以内に市役所へ提出しなければなりません。死亡届の「届出人」(記入することができる人)となれるのは、親族、同居者、家主、地主、家屋管理人、土地管理人等、後見人、保佐人、補助人、および任意後見人です。こちらを提出するのは、誰でも構いません。そのため、葬儀社が代行することが殆どです。死亡届が受理されると「火葬(埋葬)許可証」が発行されます。これがないと火葬(埋葬)できませんので、忘れずに受け取るようにしましょう。

3.納棺・告別式・出棺

一日葬ではお通夜がなく、一日目に故人様の身支度を整えご納棺を行います。二日目に葬儀・告別式、出棺へと続きます。そして告別式で故人様に別れを告げます。ゆかりの品があれば、ここで棺に納めてください。そして、火葬場への出棺へと移ります。

4.火葬・お骨上げ

故人様を火葬し、お骨を拾い上げるお骨上げ、初七日法要、食事をとる精進落としを済ませると、葬儀日程は終了です。(コロナウイルスの感染拡大により、精進落としを行わず、弁当の持ち帰りをすることなどもあります)このほか、告別式や火葬のあとに「式中初七日法要」を執り行うことがあります。

岡崎市における一日葬のメリットとは?

遺族の精神的・体力的負担を軽減できる

一日葬は通夜を行わないため、スケジュールを何日もあける必要がありません。通夜・葬儀と2日間行うのは、体力的・精神的に負担を掛けることがあります。通夜式がないので葬儀の前日は体をやすめることができます。

金銭的な負担を軽減出来る

また、遠方から来る参列者にとっては、日帰りという選択肢が増え、宿泊施設を探す手間を省くことができます。旅費などの出費が減り、遺族だけではなく参列者にとってもメリットのある葬儀形態です。

また、一日葬は金銭的な負担も軽減されるという特徴があります。通常の葬儀であれば通夜・告別式と2日分の会場や料理を用意しておかなければなりません。しかし、一日葬は一日で火葬まで行うので式場代・飲食代などが1日分となり費用を抑えることも可能です。

このように負担を軽減することができます。

岡崎市における一日葬のデメリットとは?

一日葬のデメリットとして挙げられるのは、菩提寺の方針、従来の葬儀の手順を守るお寺などから、埋葬に関することなどのトラブルが発生する危険性もあります。葬儀日に都合がつかない関係者が参列できないという問題があります。

最近広まってきた葬儀形態なので菩提寺や参列者から反対される場合があります。特に仏式は通夜・葬儀・告別式と一連の流れが重要視されているため、葬儀に関わる人々の理解が必要となります。また、一日で終えてしまうので、遺族の心の区切りがつかないということがあります。最期の夜である通夜がなくなったことで、心の整理をつけることができないという方もいらっしゃいます。

岡崎市におけるお葬式の事前準備とは?

ここまでで、一日葬について概ねご理解いただけたと思いますが、お葬式の事前準備として何を行うべきかご存知でしょうか?

主に行うべきことは以下の3点です。大切な方とのお別れを少しでもストレスやトラブルなく行えるように、ご準備いただくことをオススメ致します。

①プランを検討しておく

一般葬の場合、多くの参列者を受け入れられるホールを借りなければいけない、飲食物を用意しなければいけないなど、費用がかさんでしまうケースがほとんどです。また、家族葬の場合、家族や親しかった友人など少人数で行う葬儀なので、式場利用料や飲食費も比較的抑えられる傾向にあります。

このように、プランによって葬儀の規模・費用も変わってくるので、何人呼ぶのか?どの程度の規模の葬儀にするのか?事前に検討しておくとよいでしょう。

②会員制度を確認する

最近では、各葬儀社において様々な会員制度が設けられています。

会員になると提携店の割引が受けられたり、お葬式の料金が割引になるなど、かなりお得な特典を受けることができるので、この機会に是非ご検討いただければと思います。
ちなみに、平安会館では「そよ風」という会員制度を設けております。さらに今すぐご入会いただける「仮会員」制度もございます。是非ご利用くださいませ。

お得な「会員制度」はこちら

30秒で今すぐご登録いただける「仮会員制度」はこちら

③葬儀の事前相談をする

インターネットでの確認、資料請求などを行ってある程度葬儀社を絞ったら、葬儀相談に足を運んでみましょう。

来館すると、葬儀相談だけでなく葬儀場の見学もできるのでより具体的に葬儀のイメージをしていただけるかと思います。

葬儀相談の際には、お葬式の予算や人数についてあらかじめ決めていくと、より話がスムーズに進むかと思います。
最近では、お葬式の料金に関するトラブルが多発しているので、そのような事を回避するためにも、費用やお葬式のプランだけでなく、スタッフのサービス・対応等を確認して、本当に信頼できる葬儀社なのかきちんと見極めましょう。

平安会館への事前相談はこちら

※来館が厳しいという方はお電話でも承りますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

岡崎市においてご葬儀を検討中の皆様へ

いかがでしたか?岡崎市において葬儀をご検討中の皆様のご不明点を解消でき、少しでもご安心いただけていれば幸いです。

一日葬は、遺族の負担を減らすことができる新しい葬儀形態です。一方で、菩提寺や親族とのトラブルにつながる可能性があるので、細心の注意が必要です。

トラブルを避けるためには、親族・菩提寺としっかり話し合うことはもちろんですが、分からないことは、葬儀社と相談することをお勧めします。私たち平安会館にご依頼いただければ、皆様のご希望・ご状況をしっかりお伺いしながら、最適な提案を行います。24時間365日いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

事前相談・資料請求